屋根塗装

当社では下地2回塗装2回の4層塗りが標準です。特に下地処理は重要でやり方次第では耐久年数に10年以上の違いがでます。

工程

洗浄
高圧洗浄機を使用して瓦に付いたごみや汚れをしっかりと落とします。
  下地1回目
下地材カチオンフィラーをまんべんなく吹きつけます。
  下地2回目
十分に乾燥させた後2層目にはエキポシ系カチオンフィラーを使用します。
塗装1回目
十分に乾燥させた後遮熱性ウレタン塗料を吹きつけます。
  塗装2回目
十分に乾燥させた後再度遮熱性ウレタン塗料を吹きつけ完了です
 

スレート瓦 コロニアル 補修

スレート瓦(平板屋根材)は塗装も何もせずに放っておくと屋根材の塗膜が劣化し防水性を失う。
波形状に反ってくる。破損しやすくなる要因になる。塗装時タスペーサー設置による縁切り効果で雨水が溜まる心配がありません。
タスペーサー詳細 有限会社 セイム

工程

施工前
こちらのお宅では既に雨漏りしている状態でした。
  撤去作業
板金とその下の貫板を撤去します。
  不良箇所撤去
コロニアルも割れている所は撤去します。
貫板設置
新しい貫板を取り付けます。
  交換設置
板金とコロニアルを取替えタスペーサーを挿します。
  下塗り
エポキシシーラーを塗ります。
   
中塗り
遮熱シリコンを1回目中塗りします。
  上塗り
遮熱シリコンを2回目の上塗りで完了です。
   

折半屋根塗装

折半屋根の雨漏りは金属部の錆が原因の場合がほとんどでそのまま放置すると加速的に錆が広がりますので早めの処置が肝要です。

工程

施工前
雨漏りしているとの事で見てみた所 錆びて穴が開いていました。(下からの画像)
  施工前
よくある光景です。(上からの画像)
  錆止め2回目
かなり傷んで居る部分も目立ちます。
高圧洗浄
高圧洗浄機で汚れやゴミを除去します。
  ケレン作業
錆びをサンダーなどでケレンします。
  ケレン作業
作業により腐食部分を十分に落とした状態のボルト部分
錆止め材
錆び止めを1回塗ります。(錆びのヒドイ所だけ)
  錆止め材(全体)
錆び止めを全面塗ります。(エポキシ錆び止め)
  中塗り
中塗りを塗ります。奥側半分ほど塗り終えた所です。
中塗り
全面を塗り終わった状態です。
(遮熱シリコン)
  増し張り
痛みがひどい箇所は折半を増し張りします。
  上塗り
遮熱シリコンを全面に塗り重ねます。


上記工事のお問合せは下記より承っています

お住まいの改修工事のお問合せは、お気軽に下記電話番号よりお問合せ下さい。

故郷のご自宅の工事依頼も、全国から年間多数お受けしております。打ち合わせから工事まで、きめ細やかな報告体制と施工管理でご対応致します。

改修工事の対応エリアはこちらになります。

お問合せ電話番号は~  TEL 093-282-2998 

メールフォームからのお問合せはこちらからお願い致します。